製版フィルムがなくなる?

先日、印刷業界にいる N ちゃんと話してて驚いたのですが、最近は製版フィルムを出さずに CTP(DTP データから直接刷版すること)で印刷することの方が多いんですって。

私が印刷業界から離れた 95 年前後が、丁度 DTP とイメージセッターの普及期で、その後数年で版下台紙は印刷の現場からすっかり消えてしまいました。
そのあおりで、版下や製版の業者さんはそのほとんどが出力センターとかに業態替えか、廃業。
昔は印刷会社の営業といえば、版下台紙の入ったデカい紙袋を持って走り回ってたものですが、今じゃデザイナーや DTP オペレータでも、30代前半ぐらいだと「版下台紙」って言葉は知ってても、実物は見た事ないって人が大多数ですよね。

CTP も本紙校正は出来ないらしいから、シビアな色校正が必要な印刷物ではまだフィルムが必要でしょう。でもそのうち版下みたいに「ああ、昔はそんなんあったなあ」なんて言われるようになるんでしょうね~。
「ストリップ訂正」とか「アミ点削る」とかは今でもやってるのかな。

そういや以前ここで、アニメの世界から「セル」が消えたって話を書いたけど、製版フィルムに限らず、写真フィルムとか、OHPとか、レントゲンとか、記録用フィルムってデジタル化でどんどん姿を消してますね。
そりゃフィルムメーカーが次々撤退する訳だ。

スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

2009.02.18 | Comments(11) | Trackback(0) | 徒然草

コメント

そやねん~。
去年に実質、富士フィルムとかが製版用のフィルムと、その焼き用の刷阪を大幅に一斉価格値上げした時点でコスト的にも「もう、みなさんフィルムはやめてくださいね」っていう警告的なことに。
修正用のストリップは製造中止になってるし、実質、フィルムではどうすることもできひん。うちもフィルム仕事が再版で来た時は「修正できません」と言うてうちも断ってるし(すごい現実;)

可哀想なのは、製版業界の人(←ある意味、頑張ったらCTPには移行できる。でもどっちかと言えば作業工程をシームレスにできる印刷会社がCTPを取り入れることが多い)よりも刷版業界の人。
刷版のことを知ってても、デジタル関係はちんぷんかんぷんな人が多いから転職しづらいし。

うちも必死;
CTP導入で高精細印刷で小さい文字の掛け合わせしたモノでも見当に厳しくなったし、そのくせ紙が伸びるのは何十年前から変われへんし、データ不備は多いし・・・大変やわ(汗;


あ~~~つい語ってもうた(^^;

2009-02-19 木 09:37:57 | URL | nao(十三号) #mQop/nM. [ 編集]

僕も1990年代半ばくらいまでは印刷業界にいました。
写植オペレーターやってたんですが
これもいまや存在しない職業ですね。
僕の勤めてた会社、うまくDTPに移行できれば良かったんですが、
時代の波に乗れず縮小→廃業となりました。
仕事としてはけっこう好きだったんですけどね。

2009-02-19 木 12:57:38 | URL | KUNI@REAL-TENSION #- [ 編集]

v-87naoちゃん
ええ!ストリップ訂正出来ないということは、印行だけの修正でもフィルム出し直し、下手したらDTPデータから作り直しになるんや!
ストリップ訂正用フィルムが製造中止ってのも驚いたけど、それも2003年というと最近の話でもないってところが凄い。
なんぼデジタル化が進んでも、オフセット印刷機はそうそうなくならないやろうけど、確かに刷版屋さんはキビシイと思うわ。
データ不備は。。。こないだもやってもうた。
業者さんがちゃんと指摘してくれるから有り難いのよ~(汗)

v-87KUNIさん
なぜかHR/HMバンドマンには印刷業の方が多いんですが、KUNIさんもそうでしたか。
しかも写植とはまた懐かしい響きです。
私がいてた印刷会社には版下課がありましたが、私が辞めて暫くしてから制作部に吸収され、課員はクォークのオペレータに鞍替えしたそうです。
「電算写植オペレータ」も、写研システムのある会社にはまだいらっしゃるみたいですよ。
写研フォントと写研の組版には、根強いファンというかユーザーがいますからね。
そういや、高速道路とか工場の看板にはゴナが使われているそうです。

2009-02-19 木 18:42:54 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

また反応しやすい日記タイトルを・・・(笑) しかもコメントがコアな内容ばかり・・・(笑)

そうそう、「スキャナ」が製造中止になってるよ!デジカメ入稿やストックフォト販売が増えて、ポジスキャン激減。

写研のローラで出した印画紙をラックスキャンで読み取るなんてもはや遠い日の思い出(笑)

2009-02-19 木 20:36:24 | URL | ukky #- [ 編集]

v-87ukky
やっぱり反応した(笑)

昔は「レンタルポジ屋」なんてのもあったよね。
ドラムスキャナが埃かぶってる会社も多いんじゃないかな。

私がいてた会社はモリサワのシステムやってん。
大阪はやっぱり地元だからか、モリサワが多かったよね。

あと、アグファゲバルトの紙焼き機とかもなくなってそうやな。

2009-02-19 木 21:12:25 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

僕は紙屋です。
最近、暇すぎてヤバイです・・・
去年から何件か倒産してるし。

2009-02-28 土 07:41:28 | URL | マサやん☆。 #- [ 編集]

v-87マサやん☆さん
出力用紙は寧ろ増えてると思いますが、商業印刷用の紙は確かにデジタル化で減ってるでしょうね。

業界人なら分かる紙用語:
キューサンハン
シロクゼンバン
ホワイトーンダル
トクアツクチ

紙厚覚えるのも印刷営業の第一歩だったでしょうか

2009-03-01 日 23:32:00 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

アナログ製版といえば・・・

すでに元ネガが無く、最終ポジしかない状態の4cフルカラー・A4・20頁の会社案内を一部修正で何回もデュープし続けたのでもう限界に近いです。でも地元の大手有力企業のものなので厄介です。フィルムからデジタル化できるところに外注かなぁ。
お金あるんだからデザイン一新しようよ…(10年以上基本デザイン変化なしw)

2009-05-15 金 17:50:01 | URL | candy #- [ 編集]

v-87candyさん
いらっしゃいませ~。
デュープ。。この言葉も、もはや懐かしいですね。
昔勤めていた印刷会社にはデュープ室があって、専任担当までいてはりましたが、今はどうしてるんやろうなあ。。
昔はフィルムがボロボロになるまでストリップ訂正し続け、もうどうにも無理ってところでやっとデュープ。
会社案も、変えないところはほんと、変えませんものね~(笑)

2009-05-15 金 21:34:46 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

昨年からです

弊社経営陣が、社内帳票を自社生産しようと目論み、中古のオフセット印刷機を購入してきました。オペレーターとして白羽の矢が立ったのが、社歴だけムダに長い小生です。文学部卒で、営業職と事務職しか経験のない小生にとって、印刷機はおろか、断裁機、丁合機、穿孔機・・・と、初めて見るものばかりです。この印刷機で使うのが、ここで話題のネガフィルム!新しい仕事として頑張ってマスターしてますが、一世代も二世代も前の技術だったんですね~

2013-04-23 火 11:55:57 | URL | 大木犬太 #wvbHIgcU [ 編集]

v-87大木犬太さん
いらっしゃいませ〜。
そうですね、90年代の技術ですから、メンテナンスもちょっと大変かもしれません。
でもクオーク3.0も未だに使われてますし、あと10年やそこらはまだフィルム技術も残るような気がします。

2013-04-27 土 00:00:34 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索