スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

映画「LOVERS」について

録画したまま1ヶ月以上寝かしていた「LOVERS」をやっと見ました。
が!なんじゃ~この不完全燃焼なストーリーは!

Z.イーモウ監督の前作「HIRO」も決してスカっとした結末ではなかったが、それでもストーリーそのものはちゃんと完結していた。対して「LOVERS」は主要登場人物のエピソードがどれも何か尻切れトンボ。飛刀門や劉と金のその後とか、後日談も何もなし。いくらなんでもこれはきっと何らかの事情があるに違いない、と思って調べてみたら、やはりありました。

映画の冒頭に「アニタ・ムイに捧ぐ」というテロップが出るんですね。アニタ・ムイさんとは、香港の有名な歌手&女優さんで、彼女は「LOVERS」に飛刀門の新頭目役で出演する予定でした。というか、本来「LOVERS」そのものが彼女のために作られた物語りだったんですね。ところが脚本が完成しいざ撮影の段になって彼女が子宮癌に倒れます。監督は彼女の復帰を信じ、それを前提に撮影を続行するものの、ついに彼女は2003年12月に闘病虚しく亡くなってしまいました。しかしアニタ・ムイの「LOVERS」に思い入れのあった監督はあえて彼女の代役を立てることはせず、(多分後半部分の)脚本を大幅に変更して完成させたのでした。

う~ん、そういう事情を知っていればまだ納得出来んこともないけど、言わば未完成の作品を見せられてしまった観客の立場はどうなるの?とも思いますね。難しい。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2005.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。