スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

今年のローザンヌ

最近、「舞姫(テレプシコーラ)」の影響で、柄にも無くバレエに興味があったりします。
古いネタになりますが、先週NHKでローザンヌ国際バレエコンクールの決選の様子が放映されていました
(コンクール自体は1月の開催)。
コンクールの最近の傾向としてアジア勢の台頭が挙げられますが、今年の決選も地元ヨーロッパより、日本・韓国・中国といったアジア圏のダンサーの方が多数残っていたように思います。
アジア人の体型が欧米人にひけをとらなくなってきたこと(といってもあんなに手足の長い人はごく一部でしょうが)、そして何よりアジア人はまじめで練習熱心だからなんだそうです。

なんだか今年3月の世界フィギュアでアジア勢が表彰台を独占した風景とダブリます。
そういえばフィギュアスケートって、ある意味氷上のバレエとも言えますよね。
実際、フィギュアスケートのトレーニングにバレエは必須ですし、ジャンプ、スパイラル、スピンはそれぞれ、バレエで言うところのザンレール、アラベスク、ターンですもんね。

余談ですが、ジャンプ万能に思える真央ちゃんも、実はサルコージャンプが苦手なんだそうです。
そういえば真央ちゃんがサルコーを飛んでるところを見た事ないや。

バレエの話に戻って。。
今年スカラシップを取ったポルトガルの男の子の今後に注目したいと思います。
褐色の肌、黒いくせ髪、おおきな目、そして人を引きつける華。
あれはなかなか人気者になりそう。

スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

2007.07.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 徒然草

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。