スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

フィギュアスケートシーズン折り返し(その3)

フィギュアスケートネタ連投だわ(笑)

いや~、昨日のGPファイナル。羽生選手がまたまた凄い点数出しましたね。
スコア表を見ると、PCSとGOEがもうほぼ満点ですやん(笑)

GPファイナル 男子SP スコア

つまり、これ以上得点を上げるには、今でも大概難しいのに、さらに難しいジャンプ構成にするしかない究極のスコアってことですもんね。

羽生選手といえば、
・男子選手にしてビールマンスピンが出来るほどの柔軟性と日本人離れしたスラリと長い手足。
・それでいてあれだけの難しいジャンプをこなせる体幹とバネ(トリプルアクセルをカウンターで踏み切り、着地した足でそのまま片足ステップを踏み続けてる!)
・持って生まれた華
・てらいなく演技できる表現力。
・そして強いメンタルと闘争心(私がよく言うギラギラ感ってやつですw)

ううむ。トップスケーターといえども何かしら苦手にしている分野があるものですが、彼はまさにオールラウンダー。体操でいうところの内村選手。
羽生選手はフィギュアスケートのアスリートして必要な資質を、全て兼ね備えていると言えるのではないでしょうか。

村主さんだったか、羽生選手のことを「フィギュアスケートをするために生まれてきたような」と形容していたけど、ほんとその通りだと思いますね。
もちろん勝者となるには、それこそ彼が言う「血のにじむような練習」とオーサーの指導手腕あってこそですが。

新採点法になって技術点が青天井になったことも、羽生選手のような難しい技術に挑戦し続ける選手には追い風になってますよね。採点基準が曖昧だった6点満点の時代と違って、得点という明確な目標がモチベーションアップの原動力になりますし。

ソチ五輪の時はチャン選手がGOE&PCSの基準だったけど、今は間違いなく羽生選手が基準。
まさに今は彼の時代だということだと思いますね。

スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2015.12.12 | Comments(0) | Trackback(0) | スポーツ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。