宇宙戦艦ヤマト2199終了(ネタバレあり)

宇宙戦艦ヤマト2199テレビ版の視聴完了しました。

リメイクものはどう作っても、新旧両方のファンを納得させるのは難しいと思いますが、
オールドファンとして不満だった点は以下の通り。

●メカに重量感が足りない。

本来無重力である宇宙空間では、重量感もへったくれもないのですが、主砲がターゲットを捉える時や戦艦がターンする時のあの「タメ」がリアリティを出してたと思うんですよね。

●人類滅亡まであと1年という圧倒的な悲壮感、絶望感が伝わってこない。

台詞の軽さもだけど、絵が奇麗過ぎるのもダメなんですよ。
デジタル全盛時代に敢えて「汚し」も入れて欲しかったなと。
全体的に音楽のアレンジが軽いのも一因でしょう。

ちなみにBGMとメインテーマに関しては宮川泰さんの息子さんが作曲、既存曲のアレンジをされています。
「さらば~」で、あのパイプオルガンを弾いてたのが彼だったそうですね。

●キャラクターが幼い。

旧キャラは松本さんのデザインを踏襲しつつも、今時なキャラクターデザインになっています。
新キャラは最後までなじめませんでした。
オールドファンにとっては「萌え」要素がどうにも。。

が、一方で良かった点もありました。

●ストーリーやキャラのエピソードが深く掘り下げられている

地球人だけでなく、ガミラス側にも「家族」や「民族紛争」といったドラマが追加されています。
特に「おっ」と思ったのがシュルツとガンツの扱い。
木星基地の士官もそうでしたが、旧作で最初の方に登場するガミラス人は皮膚の色が青でなく、地球人と同じ肌色していたという矛盾を、彼らが被征服星人であるという設定にして解決しています。

悪のガミラス、かわいそうな地球という単純な図式になっていないのも良いです。

●「おっ」と思ったキャスティング
緒方賢一さんが担当していたアナライザー、薮、ガンツを、今作でも共通してチョーさんがアテています。
オタクがニヤっとするポイント(笑)

●迫力ある戦闘シーン

セル画には出せなかったスピード感や縦横無尽に動かせるアングルは、デジタル時代ならではですね。

で、なんと2199の新作映画が来年公開になるらしいですね。
なんやかんや言って「復活編」よりは期待できそう?

スポンサーサイト

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

2013.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | コミック・アニメ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索