スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

写植・版下の思ひ出

以前、ここで「製版フィルムがなくなる日」という記事を書いたことがありますが、製版フィルムよりずっと早く消えてしまったのが「写植・版下」でした。

私が印刷会社の営業やってた頃は、丁度電算写植からMacDTPへの過渡期。当時としてはいち早くDTPシステムを導入したとはいえ、Macで使える日本語フォントは数も限られ、まだ電算写植による組版が主流でした。

印刷終わっても再版に備えて台紙捨てられないから、営業デスクの周りはA2とかA全の版下台紙だらけ。
版下の上がりを巡って版下課の課長と大ゲンカ。あげく、バラ打ちだけしてもらった写植を夜中に泣きながら版下台紙に貼ったり、なくなって大騒ぎした写植が、自宅に帰ってから自分の靴の裏に貼り付いているのを発見したり。。あの頃、印刷会社の営業には「写植・版下」にまつわる酸っぱい思い出が、一つや二つはあったものですよねえ(笑)

さて、その写植。「東の写研、西のモリサワ」という有名な業界用語?が示す通り、「写研」「モリサワ」という2大メーカーがしのぎを削っておりましたが、フォントそのもののデザイン性の高さと組版した時の字詰めの美しさから、デザイン性を重視するデザイナーや出版社から圧倒的に支持されていたのは「写研」の方でした。

大阪でもフリーのデザイナーさんは写研を使いたがる人が多く、写研で指定された指示原稿を版下部に持ち込むと渋い顔されたものです。(写研→外注→利益減るから)

写研のフォントはその読みやすさから、一般印刷物のほか道路標識、テレビのテロップなどにも広く使われていた(ウィキより)のですが、DTP化の波に逆らったせいでほどなく業界一位の座を明け渡すことに。。

今からでも遅くないと思うんですよねえ。
ソニーがβを捨てたように。Appleが宿敵ゲイツと組んでUSBを採用し、モトローラからインテルに乗り換えたように。写研がPC用フォントと組版ソフト出したら飛びつくユーザーはまだまだいると思うんですよ。
というか、逆に写研ファンが現役でいるうちに思い切ってデジタル化を進めないと、よい技術を持ちながらじり貧の状態になってしまうんじゃないかしら。。

スポンサーサイト

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

2010.12.17 | Comments(3) | Trackback(0) | 徒然草

コメント

元写植オペレーターです。
写研のPAVO-KY使ってました。
僕が勤めてた会社はDTP化の波に乗り遅れて廃業しちゃいましたが(苦笑)
懐かしい話につい反応しちゃいました。

2010-12-17 金 03:27:12 | URL | KUNI@REAL-TENSION #- [ 編集]

印刷屋の営業は大変ですね・・・
うちの会社は、紙を売るだけなんで
まだマシですね。

僕も営業の時は色々愚痴を聞かされましたよ。

給料も安いしボーナスも出ないのに
死ぬほど働かされるって・・・

2010-12-17 金 08:32:21 | URL | マサやん☆。 #- [ 編集]

v-87KUNI@REAL-TENSIONさん
お久しぶりです~。
勤めていた印刷会社はモリサワのシステムだったので、写研のはついに見る事がありませんでした。
版下屋さんとか製版屋さんは、ほとんど業態変えしはったみたいですね。

v-87マサやん☆。さん
どんな業界でも営業は大変だと思いますが、印刷営業は24時間機械が動いているので、心の休まることがないのが辛かったですね。
関係部署が多く、それぞれの部署との折衝に神経をすり減らす日々。。私はまだマシな方だったと思いますが、もうやりたくないですね(汗)

2010-12-18 土 00:21:08 | URL | shiki #3CTL85d6 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。