スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

社会学的V系考察?

誰の記事だったか忘れましたが、FBのタイムラインに上がってたのがキッカケで読み始めた「バンギャルちゃんの日常」

ずっとネットで読んでいたんですが、書き下ろしが読みたくてついにコミックスを買いました。



バンギャルとはヴィジュアル系(以下V系)バンドの熱心なファンである女性のこと(Wikiより)で、そんな彼女たちの日常がバンギャルである作者の体験談として描かれています。

私自身はバンギャルじゃないですし、これまでもそしてこれからもおそらくV系にハマることはないと思いますが、そういうことを抜きにして、純粋にコミックエッセイとして楽しめる内容になっています。

さて、私がこれまで持っていたV系およびバンギャルのイメージというと、

・化粧や衣装が恐ろしくハデ。
・場所取りや観戦マナー(?)を巡って客同士がよく揉める。
・過度な振り付けやお約束が多く、新参者を寄せ付けない。

といったステレオタイプ的なもの。

もちろんそういう世界もあることはあるみたいですが、この本読んで感じたのは、程度や方向性の違いこそあれ、メタルにしろV系にしろアイドルにしろプロレスにしろアニメにしろ、ファンがやってることの根本は同じなんだなあということ。

そしてもう一つ興味深いと思ったのは、ヘドバン、モッシュ、ダイブ、ウォール・オブ・デス、デス声など、HR/HMの世界で見られる表現方法や行動様式(?)が、V系にも取り入れられていることですね。

まあ、そもそもV系自体がHR/HMから派生している訳ですが、V系ではそれらがより様式化、細分化、同期化しており、それはまさに3巻の書き下ろしに出てくる歌舞伎(と大向う)との類似性にも繋がってくるんですよね。

歌舞伎ってある意味究極の「様式美」ですし、作者のめんまさんや歌舞伎俳優の亀三郎さんが言う通り、歌舞伎の世界観ってV系のそれとよく似ています。
ということは、欧米から入って来たHR/HMの行動様式や表現方法が、より日本的に変化したものがV系と言えるかもしれません。

もちろん社会学的にほんとに考察しようと思えば、それなりの数の母集団にアンケートなりインタビューなりして統計出さないといけないんですけど、このテーマで卒論書いたら結構面白かっただろうなあ(笑)

蟹めんまのバンギャル漫画↓
http://ameblo.jp/menmanomanga/

バンギャルちゃんの挑戦↓
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB00000010010000_68/

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2015.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | コミック・アニメ

10月の韓国旅行 今さらレポ(完結編)

ミヨンさんと合流した頃には、日本に飛ぶ便は全で欠航が決まり、当日中に日本に戻る事は不可能になっていましたので、まずはホテルを取らなければなりません。

ミヨンさんと空港内のホテルインフォメーションに行くと、そこはすでに日本人の長蛇の列。
振替便は早朝なので、仁川周辺のホテルでないと間に合わないのですが、考える事は当然皆さん同じな訳で。。
1時間ぐらい待って、ようやく自分たちの番になったと思ったら、案の定空港から車で30分圏内の手頃なホテルは全て満室。
残ってるのは、なんと一泊一人17000円のグランド・ハイアットだけという。。orz

ただ、それももう残り少ないというので、悩む暇なく即決。
早々と欠航した便の人たちに比べて、ギリギリのタイミングで欠航が決まった私たちは、ここでも不利な状況だったんですねえ、とほほ。
でもホテル取れなかった人も大勢いたらしいですからね。
文句を言うてたらあきません。

ちなみに、アシアナ航空はLCCではないので振替便は出してくれますがホテルの用意や斡旋はしてくれません。
また、ガイドさんはおそらく旅行会社との契約上の都合なんでしょうね。
自分でホテルを取ることはせず、あくまでも私たちが予約するのを横からサポート、という形でした。

さて、ホテルが取れたらチェックインカウンターへ行き、翌日の振替便を確認をします。
もちろんここも混んでいて、便名やチェックイン時間その他必要な情報を確認できたのは、19時過ぎだったでしょうか。

ミヨンさんがホテルの部屋まで付いてきてくれるというので、シャトルバス乗り場からホテルへ移動します。
バスでは他の日本人旅行客と話する機会がありましたが、皆さん一様にお疲れですね。

うひゃ~、さすがグランドハイアット。


部屋が広い!ゴージャス!
IMG_3156.jpg

IMG_3157.jpg

こんないいホテルに、まさかの素泊まりとは。。(ToT)

散々お世話になったミヨンさんとは、ここで再度、本当にお別れとなります。
もうね、別れ際に思わずハグしちゃいましたよ(^^)
せめてものお礼ということで、帰ってから旅行会社のアンケートで、ミヨンさんのことを褒めちぎっておきました(笑)

さて部屋に入って安心すると、一気にお腹が減ってきました。
せっかくのグランドハイアットですが、ホテル内のレストランでは相当お高くつきそうなので、空港に戻って食べることにします。

が、24時間空港とはいえ、夜9時をまわると一部の店(ファストフード)以外は閉まってしまうんですね~。
広い空港内を歩いて歩いて、ここに決めました。

Sanuki Bore
IMG_3161.jpg
一応和食みたいですが、非日本人経営の海外の和食店にありがちな勘違いメニュー多し(笑)

牛丼をいただきます。
IMG_3163.jpg
日本で見慣れているそれとは随分趣が違いますが、結構美味しかったですよね、これが。

カフェで飲んだキウイ生ジュース。
IMG_3164.jpg
めちゃめちゃ美味しかった~!

ホテルに戻って自宅や職場など関係各所に連絡を入れた頃には、もう深夜0時をまわっていました。

翌朝のチェックイン時間は7時なので、通常なら6時半にホテルを出れば十分だと思われましたが、姉が「こういう時はホテルのチェックアウトも、飛行機のチェックインも絶対混むから朝5時半にホテルを出よう」と言うので翌朝は4時起き決定。。

朝5時ごろ。まだ真っ暗です。
IMG_3167.jpg
ハイアットなら朝食もさぞ美味しかっただろうになあ。。

はたして姉の言う通り、チェックアウトを済ませてシャトルバスに乗り込むと、ホテルのカウンターには日本人の大行列ができていました。空港のチェックインカウンターにいたっては、早朝6時で「こんな行列、USJや花博でも見たことない」ぐらいの大混雑ぶり。いや~、今回、姉にはほんま助けられましたね~。
それでもチェックインはギリギリ。免税店でお土産買う時間も、ほんの10分ほどしかありませんでしたが。。

結果的には当初の予定から18時間ほどの遅れで帰国することができました。
職場へは関空から直行したのですが、恥ずかしかったなあ(笑)
ま、無事に帰ってこれたのが何よりですね。

来年も行くぞ~。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

2015.01.04 | Comments(0) | Trackback(0) |

10月の韓国旅行 今さらレポ(その5)

騒然とする搭乗口。

そりゃあ安全が第一に決まってるけど、決定のタイミングがギリギリ過ぎだよ~。
しかも、後でミヨンさんから聞いた話では、実はアシアナ以外の同時間帯の関空便は、とっくに欠航になってたらしいんよね。。

で、引き続き日本語でアナウンスされた内容は、
・明日AM8時に臨時便を出します。
・当便に乗るはずだった人は、そのままその臨時便に乗る事が出来ます。
・免税品は返却して払い戻しを受けてください。

という断片的なもの。
在日韓国人の方が、韓国語による説明を翻訳してくれたので、もう少しプラスαの情報も得られたものの、これからどういう順番にどういう手続きをすればいいのかが今ひとつ分かりません。

でも不幸中の幸いだったのは、海外旅行の経験が豊富な姉と一緒だったこと。
海外で同じようなケースに何度か遭遇してる姉が、こういう時の手続きをよく知ってたんですよね。

とはいえ、今回のように搭乗直前で欠航になった場合は、かなり煩雑な手続きになってしまいます。

ステップ1:免税品の返却と払い戻し。
空港内の免税店もしくは、空港外のロッテや新羅で購入&空港受け取りになっていた免税品(外国製品)は市中に持って出る事が禁止されているため、返却して払い戻しを受けなければなりません。

すぐに搭乗口近くにロッテや新羅の臨時のカウンターが設置されましたが、クレジットカードの場合は決済の取り消しも必要なため、あっと言う間に大行列発生。。

私たちはたまたま空港外で外国製の免税品を購入していなかったため、空港内のショップで払い戻しを済ませて搭乗口に戻ります。

ステップ2:出国手続きの取り消し
私たちは制度上「出国」したことになっていて、空港の外に出るためには出国手続きを取り消す必要があります。
乗客の一人から、「振替便が出るまでここにいてはダメなのか?」という質問が出ましたが、保安上その他の理由からダメなんだそうな。

まず、搭乗券と引き換えに便名の書かれたシールを貼ってもらい、搭乗口に入ります。
ボーディング・ブリッジの前を素通りし、到着口に抜けたら入国審査のカウンターへ移動。
通常のレーンとは別に、欠航便の乗客用の専用カウンターが用意されていましたが、当然大行列な訳で、ここでかなり足止めを食らいました。

パスポートの出国スタンプに「取り消し」印を押してもらって出国手続きの取り消しは完了。

こんな風に「VOID」のスタンプが押されるんですねえ。

ステップ3:荷物のピックアップ
入国審査カウンターを抜けたら、手荷物受取所へ。
到着時と同じように機内預けの荷物をピックアップし、これでようやく到着ロビーに出られました。
ここまでで既に2時間以上経過。。。

そして、到着ロビーでミヨンさんと無事再会!
欠航が決まった段階ですぐに電話を入れていたのですが、なんとミヨンさんは「大韓航空とか他の航空会社は全部欠航してるのに、アシアナだけ飛ぶなんてことはないのでは?」と、万一に備えて空港で待機してくれていたのです。
うう、ありがたや~

この後もミヨンさんには色々と奔走して頂く事になるのですが、それはまた次の回に続く。。

2015.01.03 | Comments(0) | Trackback(0) |

10月の韓国旅行 今さらレポ(その4)

ソウル3日目の朝は、前日と同じ店で小豆粥を頂きます。


台風の影響で風は強いものの、ソウルはこの日も快晴。
ミヨンさんが迎えにくるまで、カフェでお茶したりコンビニでお菓子を買い漁ったりして過ごします。

そうそう。韓国でお菓子買うなら、土産物屋じゃなくて普通のコンビニで買うのが絶対オススメ。
パッケージが可愛いくて、美味しいお菓子が沢山あるんですよ。
IMG_3141.jpg
マーケット・オーのチーズポテチ美味しかった~。
もっといっぱい買っておけば良かった。

ニュースをチェックすると、超大型台風19号は日本列島を見事に縦断中。
taifu19.jpg
しかし帰国便について欠航の情報は出ていないので予定通り空港に向かいます。

仁川空港に到着すると、九州・中国方面便は既に欠航になっており、それに乗るはずだった日本人がロビーに溢れています。
予報では到着時刻に台風の中心が関西を通過するとのことですが、帰国便(アシアナ航空)は予定通りチェックインの手続きが始まりました。

「えええ、台風ドンピシャで来てるけど、ほんまに飛ぶんかいな。」

ミヨンさんとは出発ゲートでお別れですが、万が一飛ばなかった時のためにと、連絡先を教えてくれました。

出国手続き後、フードコートでランチ食べたり免税店でお土産を買ったりしていると、向こうから宮廷音楽とともに、何やら壮麗な一団が歩いてきます。

朝鮮時代の王族と官吏の行列。
IMG_3149.jpg

王と王妃さま。
IMG_3148.jpg
「チョナー!(王様!)と声をかけたらニッコリ笑って手振ってくれました(笑)
外国人旅行客が皆さん大よろこびで写真撮っていきます。

仁川空港ではこんなアトラクションがよく行われているらしいですね。
こういうの、日本の空港でやってみてもウケそうです。

そんなこんなで出発時間となりまして、さあ搭乗開始~。。と思ったら、グランドスタッフのお偉いさんみたいな人が駆け込んできて、搭乗ゲートに何やら不穏な空気が漂います。

最初に韓国語で説明があり、次にCAさんが日本語でアナウンス。
はたして、「関西空港到着予定時刻に台風の接近が見込まれるため、当便は欠航となりました。」

ええ~?このタイミングで~??( ゚д゚)

という訳で搭乗ゲートは一気にカオス状態に。。
IMG_3154.jpg

さあ、ここから仁川での長い1日が始まります。。

次に続く。

テーマ:韓国・ソウル - ジャンル:海外情報

2015.01.03 | Comments(2) | Trackback(0) |

10月の韓国旅行 今さらレポ(その3)

ドラミア見学の後は水原市街に移動して昼食です。

お店に入ってみると。。去年の7月に行った時と同じ店でした(笑)
その時とメニューは違うし、美味しいから全く問題ナシだけど。

テンジャンチゲと肉の辛味噌煮込み、ウマー。

民俗村は2回目の訪問。
東映太秦映画村みたいな、韓国歴史テーマパークといったところです。
前回は雨のおかげで貸し切り状態でしたが、今回は絶好の行楽日和ということで、内外からの観光客で大混雑。

官服姿の若い武官さま。
IMG_3127.jpg
きっとバイトさんだねww カメラ目線ありがとう。

民俗村のゆるキャラ?
IMG_3117.jpg

いかにもインチキ臭そうな人相占い師(笑)
IMG_3119.jpg

村の入り口に貼ってあった人相書き。
IMG_3125.jpg
民族村は李氏朝鮮時代の文化、風俗を再現しているので漢字表記が多く、日本人や中国人にはかえって分かりやすいんよね。

他も色々見たけど、とにかく今回は人が多かった~。

民族村の後はソウルに戻ります。
仁寺洞のホテルではなく明洞で車から降ろしてもらい、ミヨンさんおすすめのカフェとリラクゼーションサロンに行く事にします。(今回のツアーはガイドのミヨンさんと私達だけなので、色々融通がきいて良かった)

ホテルスカイパークセントラル明洞の1階にあるオシャレなcafe DROPTOP。
IMG_3130.jpg

明洞のメインストーリートにあるようなお店は大概日本語のメニューがありますが、ここは日本語が通じないのでミヨンさんにパッピンス(韓国風かき氷)を注文してもらいました。
IMG_3133.jpg
ミヨンさんがプライベートでもよく利用するというだけに、めちゃ美味しかったです。

ミヨンさんとはカフェで別れ、サロン終了後はサロンのバスでホテルまで送ってもらいました。
明洞のサロンはホテルへの送迎サービスをしてくれるところが多いので助かりますね。

仁寺洞に戻ったら、N田君に教えてもらったテジカルビが美味しいという焼き肉屋さんへ行きます。

N田君が送ってくれた地図↓
map_yakiniku.jpg
ハングルは全然読めないので、最初地図が逆さまなのに気づかなかったよ(笑)
ミヨンさんに読んでもらい、「ソルパッスップルカルビ」というお店で、クラウンホテルの真ん前にあることが分かりました。

イビスから徒歩2分程ですぐそれらしきお店を発見。
IMG_3139.jpg
が、何せハングルが読めません。
看板に「焼き肉」とは書いてあるのですが、肝心のお店の名前が日本語で書いてないので、一文字ずつ地図のハングルと見比べて確認しました(笑)

日本語が分かるスタッフはいませんが、日本語メニューはあるので、テジカルビ(豚肉)を注文。
IMG_3136.jpg
プドゥロプタ!チェゴ•マシッソヨ!(やわらかい!最高に美味しい!)
いや~、これぞ絶品!美味しかった~!次行ったら絶対また行くし。

そんなこんなで2日目終了。

翌日は名残惜しくも韓国を去る日。。のはずでしたが。。

続く。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

2015.01.02 | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。