スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

社会学的V系考察?

誰の記事だったか忘れましたが、FBのタイムラインに上がってたのがキッカケで読み始めた「バンギャルちゃんの日常」

ずっとネットで読んでいたんですが、書き下ろしが読みたくてついにコミックスを買いました。



バンギャルとはヴィジュアル系(以下V系)バンドの熱心なファンである女性のこと(Wikiより)で、そんな彼女たちの日常がバンギャルである作者の体験談として描かれています。

私自身はバンギャルじゃないですし、これまでもそしてこれからもおそらくV系にハマることはないと思いますが、そういうことを抜きにして、純粋にコミックエッセイとして楽しめる内容になっています。

さて、私がこれまで持っていたV系およびバンギャルのイメージというと、

・化粧や衣装が恐ろしくハデ。
・場所取りや観戦マナー(?)を巡って客同士がよく揉める。
・過度な振り付けやお約束が多く、新参者を寄せ付けない。

といったステレオタイプ的なもの。

もちろんそういう世界もあることはあるみたいですが、この本読んで感じたのは、程度や方向性の違いこそあれ、メタルにしろV系にしろアイドルにしろプロレスにしろアニメにしろ、ファンがやってることの根本は同じなんだなあということ。

そしてもう一つ興味深いと思ったのは、ヘドバン、モッシュ、ダイブ、ウォール・オブ・デス、デス声など、HR/HMの世界で見られる表現方法や行動様式(?)が、V系にも取り入れられていることですね。

まあ、そもそもV系自体がHR/HMから派生している訳ですが、V系ではそれらがより様式化、細分化、同期化しており、それはまさに3巻の書き下ろしに出てくる歌舞伎(と大向う)との類似性にも繋がってくるんですよね。

歌舞伎ってある意味究極の「様式美」ですし、作者のめんまさんや歌舞伎俳優の亀三郎さんが言う通り、歌舞伎の世界観ってV系のそれとよく似ています。
ということは、欧米から入って来たHR/HMの行動様式や表現方法が、より日本的に変化したものがV系と言えるかもしれません。

もちろん社会学的にほんとに考察しようと思えば、それなりの数の母集団にアンケートなりインタビューなりして統計出さないといけないんですけど、このテーマで卒論書いたら結構面白かっただろうなあ(笑)

蟹めんまのバンギャル漫画↓
http://ameblo.jp/menmanomanga/

バンギャルちゃんの挑戦↓
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB00000010010000_68/

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

2015.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | コミック・アニメ

お盆休み初日(その1)

堺市立文化館で開催中の「ゴルゴ13の世界展」を見に行ってきました。

会場エントランス


会場内は原則として撮影禁止ですが、一部撮影可能なエリアもあります。

等身大デューク東郷
IMG_2742.jpg

火縄銃をもつデューク。
IMG_2744.jpg
戦国時代、堺が火縄銃の一大生産地だったことにちなんで。

アミューズメントコーナー(笑)
IMG_2746.jpg
1回100円でゴルゴのストーリーに沿ったシューティングゲームが出来ます。

これらの他、極初期の貴重な原画や、ゴルゴ愛用の銃器類の模型が展示されています。
展示ボリュームは期待してたよりはちょっと少なめかな。

訪れていたお客さんの年齢層はやや高めで、私達と同年齢もしくはちょっと上あたりがメイン層。
親子連れも少数で、連れられて来た子供達も全然分かってなさそう(笑)

そうそう、開催にあたって麻生太郎元総理から寄せられた祝辞も展示されてました(笑)
さすが、ゴルゴ13で世界情勢を勉強していたことで有名な?麻生さんだわ。

お約束のグッズコーナーではiPhoneケースやSUICAカード、オイルライター、しおり等が販売されていましたが、「蒔絵蒔絵の手法を使用して一点一点職人が手作業」で作ったとかで、エライ高いものが多い。

SUICAカードがめちゃめちゃ欲しかったんですが、「4500円で電子マネー1500円分がチャージ済み」って、カードだけで3000円ですかいな!

という訳で、後ろのレジ袋欲しさに購入したゴルゴ13クッキー
IMG_2750.jpg

デューク東郷の名台詞入りです。
IMG_2751.jpg

2014.08.14 | Comments(2) | Trackback(0) | コミック・アニメ

宇宙戦艦ヤマト2199終了(ネタバレあり)

宇宙戦艦ヤマト2199テレビ版の視聴完了しました。

リメイクものはどう作っても、新旧両方のファンを納得させるのは難しいと思いますが、
オールドファンとして不満だった点は以下の通り。

●メカに重量感が足りない。

本来無重力である宇宙空間では、重量感もへったくれもないのですが、主砲がターゲットを捉える時や戦艦がターンする時のあの「タメ」がリアリティを出してたと思うんですよね。

●人類滅亡まであと1年という圧倒的な悲壮感、絶望感が伝わってこない。

台詞の軽さもだけど、絵が奇麗過ぎるのもダメなんですよ。
デジタル全盛時代に敢えて「汚し」も入れて欲しかったなと。
全体的に音楽のアレンジが軽いのも一因でしょう。

ちなみにBGMとメインテーマに関しては宮川泰さんの息子さんが作曲、既存曲のアレンジをされています。
「さらば~」で、あのパイプオルガンを弾いてたのが彼だったそうですね。

●キャラクターが幼い。

旧キャラは松本さんのデザインを踏襲しつつも、今時なキャラクターデザインになっています。
新キャラは最後までなじめませんでした。
オールドファンにとっては「萌え」要素がどうにも。。

が、一方で良かった点もありました。

●ストーリーやキャラのエピソードが深く掘り下げられている

地球人だけでなく、ガミラス側にも「家族」や「民族紛争」といったドラマが追加されています。
特に「おっ」と思ったのがシュルツとガンツの扱い。
木星基地の士官もそうでしたが、旧作で最初の方に登場するガミラス人は皮膚の色が青でなく、地球人と同じ肌色していたという矛盾を、彼らが被征服星人であるという設定にして解決しています。

悪のガミラス、かわいそうな地球という単純な図式になっていないのも良いです。

●「おっ」と思ったキャスティング
緒方賢一さんが担当していたアナライザー、薮、ガンツを、今作でも共通してチョーさんがアテています。
オタクがニヤっとするポイント(笑)

●迫力ある戦闘シーン

セル画には出せなかったスピード感や縦横無尽に動かせるアングルは、デジタル時代ならではですね。

で、なんと2199の新作映画が来年公開になるらしいですね。
なんやかんや言って「復活編」よりは期待できそう?

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

2013.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | コミック・アニメ

宇宙戦艦ヤマト2199

ファーストヤマトのリメイク版である「宇宙戦艦ヤマト2199」のTV放送が始まりました。
1974年の初放送から39年ぶり、最後のTVシリーズだったヤマトIIIからも32年ぶりなんですね~。
しみじみ。

社会現象にもなった名作でありながら、西崎Pの不祥事や長く続いた著作権闘争のせいで、長らく新作が作られなかったヤマトでしたが、そのあたりの問題が解決されるや復活編を皮切りに、実写版やリメイク版が制作されるなど、ここ数年で一気に動き出した感があります。

で、その「宇宙戦艦ヤマト2199」
ストーリーは同じでも、西崎Pも松本先生も宮川泰も金田伊功もいないヤマト。

確かに絵は奇麗だし、スピード感はあるのですが、

メカに重量感が足りない
人類滅亡まであと1年という圧倒的な悲壮感、絶望感が伝わってこない
音楽のアレンジが軽い
キャラクターが幼い 等々

往年のファンとしては正直不満な点がかなり多いです

とはいえ、今現役のアニメファンにも往年のファンにもウケのいいものなんて、まあ作れないですからねー。
オタクらしく、演出とか各設定とかの違いを楽しみたいと思います。

リメイク版のデスラーはこんなん。
http://yamato2199.net/character_desler.html
ガクトみたい(笑)

テーマ:宇宙戦艦ヤマト - ジャンル:アニメ・コミック

2013.04.11 | Comments(2) | Trackback(0) | コミック・アニメ

我が家の玄関

我が家の玄関がこんなことに。。

玄関

連邦軍のモビルスーツが一つもないよ(笑)


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.06.08 | Comments(0) | Trackback(0) | コミック・アニメ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

shiki

Author:shiki
REIGNのドラマー
Friccaのかっぱが大好き。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。